FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

毎年、AED普及チャリティコンサートにご協力頂いている
西浦達雄さんが本を出版しました。

 「スニーカーエイジ」

野球部の涙も、
軽音楽の涙も同じ色

"ギターをほうきに持ちかえろ"

http://www.nishiura.cc/pdf/novel_sneaker.pdf

是非、読んで下さい。

学校のAED使われず 

さいたま・駅伝練習中の小6女児死亡

さいたま市北区の市立日進小学校で9月、千メートル走の練習中に6年生女児(当時11)が倒れて死亡した事故で、救急隊の確認時は心肺停止状態に陥っていたのに、同校が備え付けの自動体外式除細動器(AED)を使っていなかったことが、関係者への取材で分かった。

 市教育委員会や同校の説明によると、女児は9月29日、駅伝大会の選手選考を兼ねた練習に参加。持病はなく、事前に体調不良も訴えずに走り終え、15メートルほど歩いてから倒れ込んだ。午後4時5分ごろで、意識はもうろうとしていた。

 学校側は、女児を担架で保健室に運んだ後の同8分に119番通報し、救急車を要請。女児は大きく息を吸う動作はしたが、声を掛けても反応がなく、指先は冷たかったという。

 市消防局によると、到着した救急隊員が同15分に確認したところ、心肺停止状態だった。人工呼吸や胸の圧迫などの心肺蘇生処置はされておらず、瞳孔も開いていた。重篤だったため認定救急救命士が追加派遣された。薬剤を投与しつつ、女児を市内の病院に搬送したが、翌30日に死亡した。死因は分かっていない。

 備え付けのAEDを使わなかった理由について、学校側は「自発呼吸と脈があったため」と説明する。

しかし、救命救急に携わる関係者からは、この判断を疑問視する指摘もある。

 日本救急医学会員の鈴木崇儀歯科医師=愛知県岡崎市=によると、「自発呼吸」は「あえぎ呼吸」だった可能性がある。呼吸の中枢機能が失われ、口を開けて努力するように呼吸する状態を指し、すぐに心肺蘇生処置が必要となる。

 しかし、専門の訓練を受けていなければ判断しにくく、そもそも動転した現場で脈や呼吸の状態を判断するのは難しいという。

 それだけに、鈴木氏は「迷ったらAEDを使った方が良い。自動的に心臓の動きを解析し、必要なら電気ショックを与えることができる」と指摘する。

 遺族の意向で、遺体は解剖されず、火葬された。両親は「同じような死亡事故は、二度と起きてほしくない。教育委員会と学校は、事故を検証し、事実を明らかにしてほしい」と話す。市教委は、専門家を交えた事故の検証委員会を立ち上げることを検討している。


http://www.asahi.com/health/news/TKY201110140317.html

とても残念なニュースです。
この女児の呼吸は「死戦期呼吸」という「あえぎ呼吸」だった可能性があります。
このような緊急の場合、まわりにいる人は慌てて判断に迷うかもしれません。
意識が無くて、呼吸の有無の判断に迷ったら
AEDを使って下さい。
必要があるか無いかはAEDが判断してくれます。

二度と戻って来ない大切ないのち。
どうか出来る限りのことをしてあげて欲しい。

警視庁施設からAED盗む 男2人逮捕

東京・江東区にある警視庁の施設からAED(=自動体外式除細動器)を盗んだとして、男2人が逮捕された。

 警視庁によると、逮捕された無職・馬場法明容疑者(21)とアルバイト・麻雅文容疑者(27)は、6月16日午後10時頃、江東区の警視庁の施設からAEDを盗んだ疑いが持たれている。2人は、AEDをリサイクルショップで1万円に換金したという。

 警視庁の調べに対し、馬場容疑者は「金目的で盗んだ」と容疑を認め、麻容疑者は否認している。警視庁は、2人が他にも警視庁の施設からAEDを盗んだ疑いがあるとみて調べている。

http://www.news24.jp/articles/2011/08/17/07188752.html

いやなニュースですね。
AEDは倒れた人をみつけた時に、そばに居合わせた誰かが勇気を持って使用してくれて初めて価値のあるものです。
誰も使ってくれなければ、ただの箱です。
だからこそ、誰でもすぐ使用出来る場所に設置されていなければならないのですが・・・。
こんなニュースがあると、AEDを大事にどこかに保管しようと考える設置者が出てこないか心配です。
それにしても・・・
リサイクルショップで換金しようなんて、どんな思考回路なんでしょうね。
換金先でも、もっと慎重に扱って欲しいものです。

AEDの常備、アマも義務化へ

日本協会の小倉純二会長は3日、AED(自動体外式除細動器)の常備義務を、アマチュアチームにも拡大する考えを示した。J1、J2は2004年から試合や練習で常備を義務づけていたが、松本山雅らJFLには義務はなかった。「今後はそう(適用拡大)せざるを得ない。用意した方がいい」と話した。

 2日に松田が急性心筋梗塞で倒れた練習場所の「梓川ふるさと公園」にAEDはなく、松本山雅も常備していなかった。大月社長は「こういうことが起こった以上、やろうと決めた」とこの日から松本市内の業者からレンタル。練習前にトレーナーらが、使用講習を受けていた。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/etc/news/20110803-OHT1T00289.htm

 松田選手のご冥福をお祈りします。
松田選手の急逝で、改めてAEDが注目されています。
失った命は二度と戻ってきません。
今回のことを機会に、色々な方面でAEDの設置が進んでくれることを願っています。

救急隊のAEDに不具合、突然作動せず

東京消防庁は5日、心肺停止状態の男性に4日午後、自動体外式除細動器(AED)を使用したところ、途中で不具合が生じ、使えなくなるトラブルがあったと発表した。

 男性は搬送先の病院で死亡が確認されたが、病院側からは「男性の状態から、AEDが正常に作動しても、救命は困難だった」と説明があったという。同庁はAEDの輸入元に原因究明を求めている。

 同庁によると、4日午後0時45分頃、70歳代の男性が目黒区内で倒れたと119番があり、救急隊員が駆け付けたところ、心肺停止状態だったため、AEDを使用した。1度目は正常に作動したが、約10分後に再び使おうとすると、電源が切れ、バッテリーを交換しても動かなかったという。

 このAEDは米国製で、医療機器輸入販売会社「日本メドトロニック」(東京都港区)が2005年に納入した35台のうちの1台。同庁が4日朝に行った点検では異常はなかったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110705-00001279-yom-soci

原因究明を待っています。
プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。