FC2ブログ

止まらないいじめによる自殺

 どうしてしまったんだろう?!
何故、そんなに急いで命を絶とうとするんだろう。
立ち止まって考えて欲しい。
あなたの周りにいる人達がどんなに悲しむか?


 産経新聞より


≪産経新聞に寄せられたメッセージ全文≫


 次々と子供たちが自らの手で命を絶つことには、僕も我慢がなりません。いろいろな理由があるにせよ、いじめをしている人、いじめで悩んでいる人には、もう一度じっくり考えてほしい。

 あなたの周りには、あなたを心底愛している人がたくさんいるということを。それは家族であり、親戚(しんせき)であり、友人であり、先輩であり、後輩であり、時にはペットであるかもしれません。

 人間は一人ではない。いや一人では生きてはいけないのです。だから、そういう人たちが悲しむようなことを絶対にしてはいけないと僕は考えます。相手の身になって、もう一度考えてみてください。


ニューヨーク・ヤンキース

松井秀喜



http://www.sankei.co.jp/news/061107/sha006.htm


いのちは、たったひとつしかない神様からの贈り物です。
大切に、大切にして下さい。

声を聞いてください

かるちゃんを助ける会
福岡市早良区在住の江田果瑠奈(こうだ かるな)さんは、今16歳です。
生後当初から修正大血管転位という先天性心疾患で入退院を繰り返しながら今日まで頑張ってこられました。2004年6月臓器移植ネットワークに登録し、現在九州大学病院に通院しながら自宅待機中です。
2004年両心室ペーシング術を受け一時的に病状は回復したものの心臓全体の負担が激しく、在宅酸素療法を行いながら過ごしてきました。しかしあらゆる治療を施しても改善は見られず、重い心不全が続き心臓が疲れきってしまい、早急な心臓移植手術が必要であると医師から告げられました。
母親である江田博子(こうだ ひろこ)さんは「移植を待つ家族の会」代表として日本の移植医療が進まない社会に対して臓器移植法の改正を願い活動を続けてこられました。
やっと願いが叶い、この3月末に改正案は提出されたものの審議されずに先延ばしの状態が続いています。
「日本で元気になりたい!」と訴えてきましたが"病状は法改正を待ってくれません!"
とうとう果瑠奈さんの命を守らなければならない状況になってしまい、命を助けるには海外へ渡航し心臓移植を受けるしか方法がありません。ご家族皆さんで話しあわれた結果、海外の道を選択されました。ドイツの「バード・ユーンハウゼン心臓病センター」で受け入れて下さることが決まりました。
しかし海外での移植手術は保険が適用できないため、渡航費・手術費・滞在治療費等5,000万円という一家族ではとても捻出できない膨大な費用がかかります。
そこで私たちは果瑠奈さんの両親の友人として、果瑠奈さんの愛称名にちなんで『かるちゃんを助ける会』を結成し募金活動を始めることにしました。
「笑顔を絶やさず毎日過ごしたい!」が家族の願いです。かるちゃんを助けるために皆様の温かいご理解とご支援をお願い申し上げます。

                        平成18年5月27日

募金のお振込み先     口座番号      口座名義
郵便局          17420-76246571   かるちゃんを
三菱東京UFJ銀行 福岡支店 普通 2215014     助ける会
福岡銀行 有田支店    普通 461229
西日本シティ銀行 原支店 普通 1879190

【募金ダイヤル】0990-5-36000
(2分間のメッセージを聞いていただくことで、1回315円が課金されます。なお、携帯電話・PHS・IP電話・公衆電話からはおかけになれません。)

AEDの普及を目指す仲間から受け取ったバトンです。
救える命は守りたい。それは私達の願いです。
明日につながる命です。
どうか皆様のご協力をお願いします。

尚、下記のURLで、かるなちゃんのブログも読んでください。
http://www.karuchan.com/

お知らせ

 本日、いのちを守る会「絆」のHPに新しくブログのページが増えました。
ニュースやAED(自動体外式除細動器)に関することを伝えていきますので、これからもよろしくお願い致します。

テーマ : ブログはじめました。
ジャンル : ブログ

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク