FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AED配備の学校4割

都道府県で格差も
  産経ニュース 2008.1.24

心臓発作時に電気ショックで心臓の動きを正常に戻す医療機器「AED」(自動体外式除細動器)を配備している国公私立の幼・小・中・高校は平成19年度末で約4割の見込みであることが24日、文部科学省の調査で分かった。配備率は全般的に上昇しているが、都道府県格差が目立っている。文科省では「学校は地域の拠点でもあり、全校に配備してほしい」としている。

 文科省が昨年6~8月行った調査によると、19年度中に配備または配備予定の学校は40・0%(小学35・4%、中学58・2%、高校91・1%)だった。配置に費用がかかるため学校の数が多い小・中学で低かった。

 内訳は「配備済み」が24・5%(小学18・1%、中学38・3%、高校67・8%)、「配備予定」が15・5%(小学17・4%、中学19・9%、高校23・3%)だった。

 公立学校の都道府県別配備率をみると、富山(83・4%)をトップに埼玉、福井、山梨、東京の5都県が7割を超える一方、奈良(11・1%)、岩手、大分など7県が2割を割り込んだ。国公私立間での格差も大きく、国立は90・2%、公立が43・0%に対し、私立は26・6%にとどまり、私立の低さが目立った。

 文科省では「財政力や自治体の意識の差が数字に表れているようだ」として全校配置を求めている。
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080124/edc0801241852002-n1.htm

 文科省でAED設置状況を調べたのは今回が2度目だと思いますが、台数は確実に増えています。
しかし、その反面地域格差もどんどん大きくなっています。
文科省は、ただ全校配置を求めるだけでなく、何か積極的な対策を立てて欲しいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。