スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設置1カ月AED、早くも救命に力

北広島市総合体育館 北海道新聞 '07.12.28

【北広島】市総合体育館でランニング中、突然倒れて心肺停止状態になった六十代男性を、体育館職員が自動体外式除細動器(AED)などを使って救命していたことが二十七日、分かった。市消防署によると、市内で一般の人がAEDを使って救命したのは初めて。同体育館にAEDが設置されてまだ一カ月もたっておらず、早くも効果を発揮した格好だ。

 市総合体育館と市消防署によると、二十一日午後三時五十五分ごろ、館内にあるランニングコースの利用者から「男性が倒れている」と体育館事務所に通報があった。市教委体育課の山田隆二課長ら事務所にいた職員四人が手分けをして、119番通報や救急車の誘導を行う一方、AEDと心臓マッサージによる救命処置にも当たった。

 男性は当初、呼びかけに反応せず、呼吸もなかった。しかし、救急隊が到着した時には、意識こそなかったが、弱いながらも自発呼吸が確認された。札幌市内の病院に搬送され、現在は回復に向かっているという。

 市は十一月二十九日から、市内の公共施設四十七カ所へのAED設置を進め、同体育館は同日設置した。合わせて、市長を含めた全職員を対象にAEDの使い方などを学ぶ講習会を実施しており、今回、救命に当たった職員四人は全員受講していた。

 山田課長は「こんなに早く“その時”が来るとは思わなかった。職員のスムーズな連携と利用者の協力があったからこその結果だったと思う」と話している。(能正明)

 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/68275.html

 AEDが設置された直後に救命されたニュースを聞くと、ホッと胸をなでおろす反面「もし設置されていなかったら?」と考えただけでゾッとします。
今までにも繋がるはずの命が救命されないまま終わりをつげた例はたくさんあるはず。
大切なたったひとつの命を、まわりにいる人の勇気と行動でつないでいきましょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。