FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心肺蘇生術:死球の男児助かる 

死球の男児助かる 救命士らの連携で 長崎

17日午前11時半ごろ、長崎県諫早市森山町の森山グラウンドであった少年ソフトボール大会高学年の部で、打席に立った市内の小学6年の男子児童(11)が胸に死球を受け、一塁に向かおうと約10メートル走ったところで突然倒れた。心肺停止状態になったが、隣のグラウンドに偶然いた小浜消防署(同県雲仙市)の男性救急救命士(35)と女性看護師2人が応急の心肺蘇生術を施し、回復に向かっている。

 救急救命士は低学年の部の試合に出場していた児童の保護者。隣のグラウンドで男児が倒れているのを知って駆けつけ、人工呼吸と心臓マッサージをした。近くには別の児童の保護者である看護師2人もおり、3人が交代で9分間マッサージをした。
 救急車が到着し、AED(自動体外式除細動器)を使い、心肺は蘇生した。男児はドクターヘリで同県大村市の長崎医療センターに搬送された。

 県央消防本部(諫早市)によると、心臓マッサージなどがなければ、蘇生は難しく「適切な蘇生措置ができたので、AEDで心肺が回復できた好例」としている。

 この救急救命士は「1人でのマッサージは2分が限度で、看護師さんの応援がありがたかった。何より男児の命を救えたのがうれしい」と話している。【柳瀬成一郎】

毎日新聞 2007年9月17日 
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070918k0000m040097000c.html

また、心臓しんとうと思われる事故がありました。
今回は近くにAEDはありませんでしたが、近くにいた方々の的確な心肺蘇生法で命をつなぐことができました。
救急車の到着まで平均6分といわれていますが、この場合もそれ以上の時間がかかっています。
一分間に約10%ずつ落ちていく救命率を何とかつないでいくのは、やはり回りにいる人の力です。
助けようとする勇気と、その勇気を支える社会の育成が重要です。

 同じような事故でつながった命とつながらなかった命。
どちらも同じ尊い命なのに・・・。
「偶然」や「ラッキーだった」で済ませてはいけない。
「足りなかったもの」を大人は真剣に考えなければならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

死球男児 救命士居合わせ救う

死球男児 救命士居合わせ救うなど、救急救命のニュースをいち早くチェック!
プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。