FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AEDで小6女児救命

与野八幡~埼玉新聞 '07.6.16より~

十五日午後二時十分ごろ、さいたま市中央区の市立与野八幡小学校(八百四十四人、桑原裕通校長)で、五時間目の体育の授業中、二十五メートルプールで平泳ぎの練習をしていた六年女児(11)が心肺停止状態になり、担任らが自動体外式除細動器(AED)を使った救命活動を行い、女児は意識を取り戻した。その後、女児は救急車で市内のさいたま赤十字病院に搬送され、歩けるまでに回復したという。

 同小によると、二十五メートルプールの二十メートル付近で、女児が突然手をばたつかせるなど様子がおかしいことに別の児童が気付いた。異変に気付いた女性担任がプールサイドに引き揚げたところ、女児は意識がなく、心肺停止状態だった。担任が心臓マッサージを行う一方、その場にいた別の教員が校舎二階の職員室からAEDを準備。連携して処置を行ったという。女児は、プール参加に必要な家庭との連絡票に体調不良などの報告はなく、普段通り授業に参加していた。

 同小の桑原校長は「まさかと思うようなことが起きたが、AEDがあって本当によかった」と話している。

 さいたま市は二〇〇六年度から公共施設へのAED配備を始め、これまでに六百二十七台を設置した。一方、市立学校は〇六年四月、全校に配備を終えた。

http://www.saitama-np.co.jp/news06/16/19x.html

AEDはプールでも勿論使用できます。
ちゃんと濡れている部分を拭いたら大丈夫です。
先日の北教組の理解不可能な「AED導入反対」声明を出した方々に是非読んで頂きたいニュースです。

 AEDは8歳以下でも使えます。プールでも大丈夫です。
「AEDが救命に役立つか疑問」という北教組の主張でしたが、こんなにたくさんの救命例があります。
大切な事は、たった一つしかない「命」を、どうやってみんなで守っていくかという姿勢だと思います。

 私は、「学校へのAED導入」は必要不可欠だと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

学校職員学校職員(がっこうしょくいん、英語|英: school staff)とは、学校におかれる職員のことである。学校に所属する教員を含めたすべての職員を指すときと、教員を含まず事務職員や技術職員などのみを指すときがある。特に教員が含まれることを明示したい場合は、教職
プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。