スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AEDで救助…大阪

柔道大会出場中に心臓けいれん
~読売新聞より~

大阪府吹田市の市立武道館で27日行われた「北摂四市対抗柔道大会」の試合中、心臓にけいれんを起こして倒れた大阪市西成区の男性(27)を、知人の応援に来ていた同府豊中市の女性看護師(39)ら2人が武道館に備え付けの自動体外式除細動器(AED)を使って助けていたことがわかった。

 市消防本部は「AEDを使用しなければ命に危険が及んでいた」とし、2人の表彰を検討している。

 市消防本部によると、男性は27日午後1時50分ごろ、審判から仕切り直しを指示され、自分で顔をたたいて気合を入れた後、前のめりに倒れた。

 看護師が駆けつけると、男性は意識がなく、脈拍も確認できなかったため、大会に出場していた兵庫県川西市の男性(36)と協力してAEDを使用。救急隊到着時には脈拍が正常になり、さらに約5分後には意識も戻ったという。

 またAEDによる救命のニュースが届きました。
一年前に比べてもAEDの数は飛躍的に増えています。
でもAEDは万能ではありません。
AEDが届くまでの心肺蘇生、何よりも周りの人の「助けたい」という気持ち、一歩踏み出す勇気が大切です。
日常生活の中でも救命に対する意識を持つことがいざと言う時に役にたつと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。