FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AED 進む公立高配備

和歌山・滋賀など全校導入~読売新聞より

広がる地域間格差、奈良体育系2校のみ

全国の公立学校で、心停止状態になった救急患者の救命に役立つAED(自動体外式除細動器)を配備する動きが広がっている。近畿では、和歌山県で昨年5月、県立高校生が部活動後に心臓発作で突然死する出来事があり、公立高校を中心に急速に配備が進んだ。しかし、財政事情から遅れ気味な地域もあり、救急救命体制に学校間格差が生まれつつある。

■きっかけ
 「あの時、AEDがあれば……」。和歌山県田辺市の県立田辺高の立野淑郎校長は唇をかむ。ソフトテニス部の1年男子部員(15)が練習後、部室で心停止状態に陥ったのは、2006年5月。心臓マッサージのかいなく、約2時間後に亡くなった。05年10月に同県立箕島高で1年男子生徒が体育の授業中に突然死したのをきっかけに県立校の一部が学校の予算でAEDを購入。田辺高も検討中だった。

■先進県
 愛知県では、一般市民も使えるようになった04年度に高校や盲・聾(ろう)・養護学校など全県立学校182校にいち早く配備を終えた。が、こうした先進県は少数派。

 徳島県では05年4、5月に県立高校で突然死が相次いだため、直後に全校に備えた。同年11月、県立高校で休み時間中に生徒が心停止状態に陥ったが、AEDで措置し、一命をとりとめた。和歌山県では田辺高の事故翌月、「悲しい教訓を生かしたい」と県が未配備の41校への配備を表明し、一気に整備。滋賀県も田辺高の事故を機に全69校への設置を決めた。近畿では、京都府(58校)、兵庫県(167校)を含めた4府県がすでに全校配備を終えた。

日本循環器学会AED検討委員会委員長で、東京都済生会中央病院の三田村秀雄副院長は「成長とともに不整脈が出ることがあり、小中高校に限ると、心臓が原因の突然死は高校生の発生が最も多い。校内では事故時に目撃者がいて救命できる機会が多い。配備が進まないのは意識の問題に尽きる」と話している。

http://osaka.yomiuri.co.jp/edu_news/20070407kk02.htm

救急救命体制のこの学校間格差が一日も早くなくなって欲しいと常に願っています。
何かが起こってから後悔して考えるのではなく、大切な生徒を預かる学校は緊急の場合の備えをもう一度考えて欲しいものです。
お金には代えられない大切な命。全学校にAEDが配備されますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。