スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄駅設置AEDお手柄

栄の地下街でお年寄りの命救う

2月27日11時43分配信 中日新聞


 【愛知県】名古屋市中区栄の地下街で昏倒(こんとう)したお年寄りが、通行人や駅員らによる心臓マッサージやAED(自動体外式除細動器)の電気ショックで一命を取りとめた。市営地下鉄の駅に設置してあるAEDが救命につながったのは初めて。

 18日午後4時ごろ、栄の地下街を孫と歩いていた男性(79)が意識を失い転倒。通り掛かった看護師の加藤和美さん(54)=尾張旭市=と中学教諭の稲垣正子さん(53)=名東区=が人工呼吸と心臓マッサージをする間、栄管区駅助役の黒田笑加さん(35)が改札付近に設置してあるAEDを取りに走り、除細動(電気ショック)を与えて呼吸や脈を回復させた。男性は救急隊により病院に運ばれ、脈は正常に戻ったという。

 市交通局は一昨年12月からAEDの配備を始め、現在は団体からの寄贈などにより16駅に17台が設置されている。黒田助役は「昨年講習を受けてから一度も触ったことがなく戸惑ったが、機器の指示に従いうまく作動してよかった。いざというときのためにAEDの配備が広がれば」と話した。   (岩崎健太朗)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000010-cnc-l23

また、嬉しいニュースです。
地下鉄に設置されたAEDとそばにいた方の努力により、尊い命が救われました

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。