FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公共施設など15カ所にAED配置

千歳市内の公共施設、体育施設など15カ所に、救急救命器具の自動体外式除細動器(AED)が導入された。心臓疾患による市民の突然死防止に役立てる。
 心臓疾患で心室細動になると、心臓がけいれんして、心臓が血液を送り出すポンプの役割を果たせなくなる。1分ごとに救命率は10%ずつ低下するといわれ、応急措置など素早い対応が患者の命を救うカギを握る。
 このため、市は公共施設などへのAED設置を計画。3カ年で導入することにし、初年度は市本庁舎やスポーツセンター、文化センターなど15カ所に備えた。
 AEDは電極を体に当てるだけで自動的に健診し、心臓の状態を判断。除細動が必要な場合は、ボタンを押すと電気ショックを与える。音声で操作手順が知らされることから、誰でも扱えるのが特徴だ。導入に合わせ、各施設の職員などを対象にAEDの取り扱いを含む救命講習会も行われた。

苫小牧民放より
http://www.tomamin.co.jp/2007/cp070208.htm

 北海道の空の玄関、千歳市の公共施設にもAEDが設置されました。
今後、学校や人の多く集まる場所にも設置されていくことを願っています
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。