FC2ブログ

駅のAED、男性救命

仙台市地下鉄「備えてよかった

1月29日14時35分配信 河北新報


仙台市地下鉄の駅構内で今月9日、40代男性が心肺停止状態となり、居合わせた仙台市の男性医師が(56)が、自動体外式除細動器(AED)を利用して男性の命を救った。仙台市内の公共施設に設置されているAEDを使って生命の危機を免れた初めてのケース。関係者は緊急事態への備えの大切さをかみしめている。

 男性は9日午前8時ごろ、太白区の市地下鉄長町南駅構内の券売機の前で突然倒れた。偶然、改札口を出た医師が駆け寄り、男性に心臓マッサージと人工呼吸を行った。

 駅員は駅務員室に置いてあるAEDを持ち出し、医師の指導で男性に取り付けた。直後に駆けつけた救急隊がAEDを使用し、一度の電気ショックで心拍が回復した。

 医師は「土気色だった顔に、赤みが戻った」と振り返る。男性は市内の病院に搬送され入院したが、後遺症もなく、順調に回復しているという。

 医師は「男性が倒れたときに確認したら、脈も呼吸もなかった。突発的な心肺停止にAEDがこれほど役立つとは思っていなかった」と患者の回復を喜び、AEDの有効性を実感している。

 男性が搬送された病院は「医師の素早い対応が、蘇生(そせい)の確率を高めた」とみている。

 市は2005年、地下鉄や学校など公共施設へのAED導入を始め、これまでに計165カ所に設置された。市内では05年10月に青葉区のスポーツクラブでAEDを使って命を救ったケースがある。

 市消防局救急課は「これを機にAEDへの理解が広まり、公共施設だけでなく、民間でも設置する動きが広がることを期待したい」と話している

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000014-khk-soci


AED普及仲間のくるみさんのところから頂いたニュースです。
近くに助けようとする人がいて、AEDがあったら、
こうして助かる人が増えます。
勿論、AEDがあっても使える人がそばにいなければAEDは無用の長物です。
そばにいる人の「助けたい!!」という気持ちが一番です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク