FC2ブログ

黒部のスポ少児童 突然死

中日新聞より


AED設置場所 見直し


市内のスポーツ少年団は三十七団体。指導者はボランティアで務めており、仕事が終わってから練習に駆けつける人も少なくない。指導者が練習開始に間に合わない場合、体操やランニングなどの軽い運動を保護者が見守る。


 今回の事故は十八日午後六時ごろ、指導者不在の練習開始直後に起きた。体育館にいた保護者六人は学校職員に連絡するとともに、一一九番通報。五分後に救急車が駆けつけた。


 市消防本部によると、救急車が到着した時点で、男児は既に心肺停止状態。学校にはAEDがあったが、到着前に使用しなかった。市教委は「AEDは一般の人でも使えるが、そんな余裕はなかったのでは」と話す。


 しかし、AEDの設置場所が少年団関係者に知らされてなかったのは事実。市は学校活動での事故に備え、五月までに市内の全小中学校にAEDを導入したが、少年団の活動中にAEDを使う事態は「想定していなかった」という。
 しかし、少年団のほとんどが夜間練習に学校体育館を利用する。市教委はこうした実情を踏まえ、AEDの設置場所の見直しを各校に要請した。体育館やグラウンド近くの校舎内など二カ所に設置場所を設け、一台を活動に応じて移動させることも検討している。


http://www.chunichi.co.jp/00/tym/20061021/lcl_____tym_____000.shtml


余裕がない、想定していない事態で起こるのが、突然の心停止です。
そのためにAEDが設置されているはずなのに・・・。残念でなりません。
誰かの大切な命が失われてからでは遅いのです。
常に、緊迫感を持っていて欲しいものです。
今後、保護者にも講習会が開かれていくと思います。
救うことの出来なかった男の子の「声」に耳をかたむけて、今後は安全にスポーツを楽しめる環境を作って欲しいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク