スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急隊のAEDに不具合、突然作動せず

東京消防庁は5日、心肺停止状態の男性に4日午後、自動体外式除細動器(AED)を使用したところ、途中で不具合が生じ、使えなくなるトラブルがあったと発表した。

 男性は搬送先の病院で死亡が確認されたが、病院側からは「男性の状態から、AEDが正常に作動しても、救命は困難だった」と説明があったという。同庁はAEDの輸入元に原因究明を求めている。

 同庁によると、4日午後0時45分頃、70歳代の男性が目黒区内で倒れたと119番があり、救急隊員が駆け付けたところ、心肺停止状態だったため、AEDを使用した。1度目は正常に作動したが、約10分後に再び使おうとすると、電源が切れ、バッテリーを交換しても動かなかったという。

 このAEDは米国製で、医療機器輸入販売会社「日本メドトロニック」(東京都港区)が2005年に納入した35台のうちの1台。同庁が4日朝に行った点検では異常はなかったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110705-00001279-yom-soci

原因究明を待っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。