スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光バスにAED設置

札幌市内の観光バス会社が、乗客の心臓発作などに対応する救急医療機器「AED」をすべてのバスに設置し、9日、札幌市消防局から「救急サポーター」の認定証が交付されました。
札幌市消防局では、心臓発作などを起こした患者に電気ショックを与えて心臓の動きを正常に戻す「AED」を設置し、応急手当てができる従業員がいる事業所を「さっぽろ救急サポーター」に認定し、AEDの設置を推進しています。札幌市清田区の観光バス会社「クローバー観光」ではこのほど、所有する15台のバスすべてにAEDを設置するとともに、従業員全員が応急手当ての講習を受講しました。
9日は、札幌市清田消防署の室橋文雄署長がバス会社を訪れ「さっぽろ救急サポーター」の認定証とステッカーを手渡しました。
認定を受けたクローバー観光の佐藤飛利美社長は「バスに乗ったお客さんからは『AEDがついていて安心ですね』と言われることもあります。地域の安全のためにも役立てていきたいです」と話していました。
札幌市消防局によりますと、バス会社が所有するすべての車にAEDを設置するのは、道内でも初めてではないかということです。

http://www.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004835891.html

 北海道は広いので、観光バスは山道や海岸線など周りに何も無い所を走り続けます。
「もしもの時に・・・」
AEDがバスに搭載されていたら、安心できますね。
もっと多くのバスに搭載してほしいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。