スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一部AEDに故障率の高い電子部品搭載

PHILIPS 「半自動除細動器」 回収

(株)フィリップスエレクトロニクスジャパンは、2007/05~2010/05までに製造された「ハートスタートFR2+」の一部に、通常の製品に比べて故障率の高いボルテージディテクタと呼ばれる電子部品が搭載されている可能性のあることが判明したと発表した。この部品の故障によりバッテリが早期に消耗したり、電源が入らなくなる可能性があるという。現在まで、国内外で当該AEDの使用時に故障が発生したとの報告や健康被害の報告はないとのことだが、同社は予防措置として製品の回収を行うこととした。

http://www.recall-plus.jp/info/13127

ハートスタートFR2+に関する重要なお知らせ
株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン

このたび、弊社より販売いたしましたAEDハートスタートFR2+において2007年5月から2008年1月までに製造された製品の一部に、通常の製品に比べて故障率の高いメモリ素子が搭載されている可能性があることが判明致しました。緊急時に、当該AEDが使用できない可能性が考えられますが、本AEDは自動的に毎日実施されるセルフテスト機能を有しています。そのため、メモリ素子の故障によりこのセルフテストに合格せず、ステータス・インジケータに使用不可状態(赤い×印)としてエラーが表示される場合があります。
現在まで、当該AEDの緊急使用時にこの故障が発生したとの報告は受けておりません。
お客様にはご心配、ならびにご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。弊社といたしましては、全力をあげて対処し製品の品質及び安全管理につとめていく所存でございますので、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

http://www.healthcare.philips.com/pwc_hc/jp_ja/assets/Documents/Resuscitation/fr2091009.pdf

当会で寄贈したAEDも今回のリコール対象になっているAEDが数台あります。
メーカーでは回収及び交換を早急に行うということですが、
現在AEDを所有している方は、毎日のチェックを忘れずに行って下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。