スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

 新年を迎えました。
今年もよろしくお願いいたします。

 今年もAEDと心肺蘇生法の周知のために、活動していきたいと思いますので
よろしくお願いします。


市民の心肺蘇生、AED使用は2% 08年、消防庁調査

消防庁が全国の消防本部や消防局からデータを集めてまとめたところ、08年に心筋梗塞(こうそく)などで患者が心肺停止した6万3283件のうち、病院以外の一般市民の前で起きたケースは2万769件。このうちほぼ半数の9970件で市民により心肺蘇生がなされていたが、AEDが使われたのは429件(2.1%)にとどまっていた。05年の46件に比べると10倍近く増えていたが、まだ使用率は低い。

 消防庁によると、AEDを使わなかった場合、患者の1カ月後の生存率は9.8%だが、使用した場合は43.8%で、4.5倍にアップする。1カ月後の社会復帰率も未使用では5.6%だが、使った場合は38.2%で、6.8倍の高率だ。調査結果について消防庁は「救急隊員が到着するまでに、少しでも早く処置をしてもらうことが救命につながる。もっと多くの人に使ってもらえるよう啓発したい」としている。

 http://www.asahi.com/national/update/0102/OSK201001020090.html

AEDは音声でガイドしてくれるのですが、やはり突然目の前で誰かが倒れた時、
一般市民はパニックになり、慌ててしまい思考能力も低下すると思います。
「まさか」の時に慌てないためには、普段からの心構えが大切なんでしょうが、
「自分がそんな場面に直面することはないだろう」と考えている人も多いと思います。
でも、その「まさか」の時に一番最初に何かをしてあげられるのは、すぐそばにいる一般市民です。

「あなたの勇気で救えるいのちがあります」

今年も、多くの人にこのことを伝えるために活動していきます。
いざと言う時に、「勇気」を持って行動できるように、
講習会を開催して、AEDに触れてもらう機会を増やしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。