スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生対象に「夏の医学校」

東邦大学医学部大森キャンパス(大田区大森西5)で8月7日・8日、「小学生・夏の医学校2009」が開催された。

 同イベントは、医療・生命科学の向上には小学校高学年からその興味の芽を養うことが重要と考える同学部が、小学生に楽しく人体の仕組みや病院の仕事を知ってもらおうと企画したもの。開催は昨年夏に続き2回目。小学4年生~6年生を対象にした60組(親子ペア)の定員に対し、寄せられた応募総数は118組と前回を大幅に上回る盛況ぶりだった。当日は抽選で選ばれた60組が会場に集まり、中には宮城や秋田など遠方から足を運ぶ親子もいた。

 小学生たちは同大学特製の白衣と医療従事者のIDに見立てた名札を着用し、初日午前は同大学の医師・看護士らの指導の下、自動体外式除細動器(AED)による救急蘇生法や聴診器・血圧計を使ったバイタルサインの測定について学んだ。

AEDの指導にあたった同大救急救命センターの本田満副センター長は、同実習の趣旨について「細かい技術を覚えるということではなく、身の回りの人が具合悪くなったときに自分に何かができるという気持ちを持ってもらいたい」と話す。

http://haneda.keizai.biz/headline/367/

小学生の時から救命について学ぶことは、「いのち」について考え、自分や仲間のいのちの大切さに気づくことにもつながると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。