FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AED活用、2年で6倍 生存率4割

AED普及が奏功

心臓病で心肺停止となった人を、現場に居合わせた一般市民が自動体外式除細動器(AED)で応急手当てしたケースが2007年に287件あり、05年の6・2倍となっていることが20日、総務省消防庁の調査で分かった。

 1カ月後の生存率は42・5%で不使用の場合の4・4倍。AEDは04年7月から医療従事者以外の市民も使用できるようになっており、消防庁は「普及が進み、心肺停止患者の救命に効果が出た」と分析している。

 消防庁によると、07年に心臓病で心肺停止になった人を市民が目撃、救急搬送された例は1万9707件。その場で市民がAEDを使った287件のうち42・5%に当たる122人が1カ月後も生存していた。一方、使用されなかった1万9420件の1カ月後の生存は、9・7%の1891件にとどまった。

 同様のケースで05年にAEDが使用されたのは1万7882件中、46件だった。医療、消防機関を除く、駅や学校などの公共施設のAED設置台数は、07年12月時点で8万8265台(厚生労働省まとめ)で、05年に比べ8・9倍に増加している。

http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009012101000948.html

心肺機能停止傷病者の救命率等の状況<総務省からの発表>
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/2101/210122-1houdou_p.pdf
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。