FC2ブログ

全県立学校にAED 滋賀県教委

滋賀県教委は、学校内で発生する事故に備え、来年度すべての県立高や養・ろう・盲学校計60校にAED(自動体外式除細動器)の配置を目指している。現在設置されているのは、体育科がある草津東高と、心臓疾患の生徒が在籍する大津高にとどまっている(9月から石山高にも設置予定)。


 AEDは心停止状態に陥った時、心臓に電気ショックを与えて、正常な状態に戻す医療機器。2004年7月、厚生労働大臣の通達により、使用条件を緩和され、近くに医師がいない場合や認定講習を受けるなどの条件を満たせば、医師や救急救命士以外にも使用できるようになり、全国的に普及し始めた。


県教委は、これまで個々のケースに応じて設置してきたが、万一の場合に備え、すべての県立学校への配備を目指すことにした。文部科学省によると、47都道府県のうち、すべての公立高(養・ろう・盲学校を含む)にAEDを設置しているのは、2006年4月現在、富山、福井など6県ある。京都府は本年度補正予算ですべての府立学校に配備する予定だ。


学校内での児童や生徒の突然死は昨年度、全国で45件に上る。県では、統計の残る1967年度から2005年度まで30件の学校内での突然死があり、うち14件が心疾患が原因。県教委スポーツ健康課は「(突然死が)発生してから設置するのでは遅い。来年度の予算化が図れるように財政当局と折衝していきたい」としている。


京都新聞よりhttp://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006082900223&genre=F1&area=S00


現在、当会でも北海道全学校へのAED設置の第一段階として道立高校へのAED設置を求める署名活動を行っていますが、このように県教育委員会が率先して配備を目指してくれるのは、本当に素晴らしいことだと思います。
一日も早く日本全国の学校にAEDが設置されますように、皆さんも「声」を上げて欲しいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク