FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「道の駅コスモール大樹」にAED設置

十勝管内大樹町の「道の駅コスモール大樹」にAEDが設置された。
道の駅コスモール大樹は併設するショッピングセンターを含め、町内外から多くの来場者が訪れるため、設置が決まった。

 設置に当たっては、道の駅を運営する大樹町商工会のTMO職員全員が今月7、8の両日、大樹消防署で救命講習を受講、応急手当と救命措置の方法などを学んだ。AEDは10日午前、道の駅内のショッピングセンター内に設置され、AEDボックスが備えられた。

 道の駅にAEDが設置される例はまだ少なく、全国道の駅連絡会事務局が2月に実施した調査では全国で129駅、北海道内では9駅にすぎない。

 道内では、「かみゆうべつ温泉チューリップの湯」、「田園の里うりゅう」、「みたら室蘭」、「知床・らうす」、「メルヘンの丘めまんべつ」、「むかわ四季の館」、「しかおい」、「鐘のなるまち・ちっぷべつ」、「しほろお温泉」の9駅。コスモール大樹は道内10駅目、十勝管内では3駅目となる。

 大樹町内には、生涯学習センター、らいふ、青少年体育館、BG海洋センター、小中学校4校、高等学校の9カ所に設置されており、今回が10カ所目。

 救急車を要請してから道の駅到着までには約6分を要する。万が一の場合は、救急車到着前にTMO職員が応急手当を行い救急隊員に引き継ぐ体制が確立された。

 救命講習を指導した消防職員は「今回の講習を終えた皆さんは、緊急の場合、勇気をもって応急手当に当ってほしい。心臓や呼吸が止まった人の命を救うには早い119番通報、早い応急措置、早い救急処理、早い救命医療という“救命リレー”が重要となる」と強調した。
http://www.bnn-s.com/news/08/07/080711151948.html

北海道は本当に広い大地です。
救急車の到着も、全国平均の6分以上かかる場所がたくさんあります。
このような「道の駅」への設置がもっと増えてくれるといいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。