FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AEDで生還の飛翔館主将

命かみしめ最後の夏 胸に打球、AEDで生還の飛翔館主将

高校野球の試合中に打球が胸に当たり、一時心停止状態に陥った大阪・飛翔館(ひしょうかん)高校3年の上野貴寛君(17)が、主将として最後の夏を迎える。自動体外式除細動器(AED)による救命処置などで一命を取り留めた上野君は周囲への感謝を胸に、5日に開幕する南大阪大会に臨む。

 事故が起きたのは昨年4月30日の春季大阪大会、桜宮戦。投手だった上野君は3回に強烈なライナーを左胸に受けた。駆けつけた父・雅之さん(42)の腕の中で呼吸が止まり、体は冷たくなった。「もうあかんと思った」と雅之さん。しかし、観客の中にいた救急救命士がAEDを使って措置を施すと、息を吹き返した。母の愛美さん(42)は「病院で奇跡やと言われた」と振り返る。

 上野君には、打球を受けた直後から救急車で搬送される途中までの記憶がない。チームメートが泣き崩れ、試合を棄権したことは入院中に聞いた。彼らは毎日、病院で励ましてくれた。医者には「3カ月の安静が必要」と言われたが、約1カ月で練習に復帰。心配された後遺症もない。

 今年4月、部員の投票などで主将に選ばれた。不安もあったが、副主将2人の「おれたちが支える」という言葉に背中を押された。

 南大阪大会の1回戦は6日の布施工科戦。二塁を守り、中軸を打つ予定だ。「仲間と1日でも長く野球を続けたい。それがみんなへの恩返しになる」。その気持ちを忘れぬよう、胸に手を当ててから、打席に入るつもりだ。

http://www.asahi.com/sports/update/0704/OSK200807040045.htmlより

以前、ご両親は下記のようなコメントをしています。

「今回の件では、救急救命士さんがいてくれたこと、学校にAED があったことなど、たくさんの奇跡が重なって息子は救われました。
その奇跡に感謝することはもちろんですが、それが奇跡ではなく、当たり前のものにすることが必要だと感じています。どこにでもAED があること、誰もが救命士のように心肺蘇生法ができるようになることで、かけがえのない大切な命がもっと救えるようになるはずです。


AEDで救命されることが奇跡ではなく、当り前のことになるように、
そんな社会の実現のため、みんなで努力していきたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。