FC2ブログ

AEDの普及により救われる命が増加

公共の場への自動体外式除細動器(AED)設置が、心臓発作の予後改善に有効であることが日本の研究で示された。全国的にAEDの普及が進んでいる日本では、近くに人がいる状況で心調律異常による心停止を来した患者の約14%、さらにAEDによる処置を受けた人の31.6%が、神経後遺症をほとんど残さず回復していることが明らかにされた。

 今回の研究は、AEDの設置拡大が心停止後の生存率向上をもたらすことを示した初めての研究であり、AEDの重要性を強調するものであると、研究著者の一人である京都大学保健管理センターの石見拓氏は述べている。また、この研究では心肺蘇生法(CPR)の有効性も示されており、「もし突然倒れた人を見かけたら、救急およびAEDが到着するまでに少なくとも胸部圧迫を実施してほしい」と同氏は付け加えている。

 日本でのAED設置数は、2005年の9,906台から2007年には8万8,265台まで増加している。今回の研究では、病院外で心停止を来した31万2,000人を超える患者のデータを検討。1万2,631人が心室細動(AEDによって除去できる)を来し、かつ発作時に近くに人がいたことが判明した。

 このうち一般の人がAEDを使用した例は3年間で3.7%となっており、研究開始時の1.2%から終了時には6.2%と、AEDの設置が増えるに従って利用数も増加した。患者がAEDによる処置を受けるまでの平均時間は3.7分から2.2分に短縮されたほか、神経障害をほとんど残さず回復した患者の数は人口1,000万人あたり2.4人から8.9人に増加した。この研究は、米医学誌「New England Journal of Medicine」3月18日号に掲載された。

 今回の研究では、AEDおよびCPRの有用性が示される一方、いずれも躊躇(ちゅうちょ)する人が多いことが判明。AEDを積極的に使用した人は7%、CPRを実施したのは50%にとどまった。「目の前で死にそうな人を見るのは恐怖を伴うものであり、パニックになって除細動器の利用やCRPの実施を怖いと感じるかもしれないが、AEDは全く初めての人でも簡単に使うことができる。CPRも誰でも実施できる。重要なことは、やろうとすることだ」と米シカゴ大学メディカルセンターのDana Peres Edelson博士は述べている。同氏は「CPRを実施するには、まず救急に通報した後、両手を重ねて胸骨の上に置き、強く、速く押し続け、救助が到着するまで止めてはならない」と説明している。



http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20100325hj000hj
スポンサーサイト



AED普及チャリティコンサート

「西浦達雄AED普及チャリティコンサートVol.5」

2/27(土)かでる2.7ホールで行われたコンサートは無事終了いたしました。
たくさんの方のご来場、ありがとうございました。

当日の様子をご紹介

47b.jpg
入口前のポスター

49a.jpg
入場

5130a.jpg
熱い歌声の西浦さん

5087a.jpg
真剣な表情で聴き入る球児たち

86a.jpg
AED体験コーナーで真面目に取り組む学生と今年もお手伝い頂いたHTB佐藤アナ

5161a.jpg
大阪のAED普及仲間からも応援のお花が届きました

5144a.jpg
アンコールでは、お約束の「甲子園に来いよ!!」の言葉

5169a.jpg
お手伝いに来てくれた仲間たちと

今年も、たくさんの方から「感動した」「勇気をもらった」というお言葉を頂戴しました。
AEDを使える人が増えるように、一歩踏み出す勇気を持ってもらうために
これからも続けていきます。
ご来場、ありがとうございました。


AED購入や「実験教室」利用も

ベルマーク50周年

生活用品のパッケージに付いている「鐘」のマークを家庭などで集めると、学校に図書や備品が寄付できる「ベルマーク運動」が今年、50周年を迎える。PTA活動を核にして脈々と続く社会貢献の定番。しかし、“モノ”が豊かになった今、少しずつ変わりゆく点もあるようだ。

ベルマーク運動は昭和35年、僻地(へきち)学校などの教育設備の充実を目指してスタート。鐘のマークは「国内外の友達に“愛の鐘”を鳴り響かせよう」という助け合いの精神を象徴する。

 ベルマーク1点で1円に相当し、参加校がベルマークの点数で買い物をすると、その金額の1割が僻地の学校などへの援助に回る仕組みだ。59年以降、特別支援学校(盲、ろう、養護学校)や災害被災校、発展途上国などへも援助先は広がった。昨年度は全国の学校や公民館などが約4億5千万点を収集。ベルマーク預金も含めて約5億円分の物品購入があり、約5千万円が僻地校などへの援助に回った。

ベルマーク運動の活況は景気の動きと重なる。好況に沸いた昭和60年代までは、収集点数は伸びた。しかし、バブル崩壊後、平成不況とともにベルマークを付ける「協賛会社」は減り、平成14年は55社とピーク時の約7割に落ち込んだ。

 ところが、同じ不況でも今は違う。「企業が社会貢献活動への関心を高め、ベルマーク運動も再び注目されている」と、ベルマーク教育助成財団(東京都中央区)の野中正治さん。協賛会社数は64社と盛り返した。ベルマークを使って購入される品々にも時代を反映。サッカーボールや一輪車などの定番に加え、最近はAED(自動体外式除細動器)購入も目立つ。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/354115/

 当会でもベルマークを集めてAEDを寄付する活動をしています。
すでに学校にAEDが設置されていても、広い校内。
一台では、いざという時に間に合わない可能性もあります。
まだ設置されていない学校は、早急に設置してほしいものです。
行政にまかせっきりではなく、保護者の活動も大切です。
プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク