FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商店街へのAEDの整備支援について

平成19年3月26日
経済産業省
中小企業庁

 商店街の救急救命能力を向上させ、来街者・地域住民にとって安全・安心な商店街を実現するため、少子高齢化等対応中小商業活性化支援事業を活用し、AEDを整備する取り組みを支援します。
 なお、整備した商店街においては組合員に対し定期的に救命講習を実施し、技能の向上を図ることとします。

現在わが国の商店街は、地域の多くの人が集まる地域コミュニティの場であると同時に、少子高齢化が進展し、その対応が求められている状況にあります。


しかし、現時点では、AEDの整備が十分にはなされていないことから、整備に対する補助の要望がこれまでも寄せられていたところですが、単体の商店街では補助金下限額等の制度上の問題から対応が困難でした。


そこで、経済産業省では、全国商店街振興組合連合会と協力することにより、AEDを商店街に整備することにより、商店街への来街者と地域住民の皆様の安心・安全の向上を図ることを目指します。


具体的には、平成19年度少子高齢化等対応中小商業活性化事業の公募の際に、各都道府県の商店街振興組合連合会が都道府県単位で商店街を取りまとめて応募していただき、その事業費の2分の1に補助を行うこととします。
 なお、整備した商店街においては組合員に対し定期的に救命講習を実施し、技能の向上を図ることとします。


早ければ平成19年8月頃から順次全国の商店街へ整備され、5年程度を目処に全国の商店街への整備を目指します。
http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/070326aed.htm
スポンサーサイト

46公共施設にAED 

全小中校など北広島市が3年計画 無料貸し出しも  

【北広島】市は新年度から三年をかけて、心臓が停止した時に電気ショックを与えることで、心臓の動きを取り戻す自動体外式除細動器(AED)を、市内四十六カ所の公共施設に一台ずつ設置する。スポーツイベントなどの行事の際には、市民に無料で貸し出す方針だ。

 初年度となる二○○七年度にAEDを設置するのは市役所庁舎やエルフィンパーク、市総合体育館、市立中学校全六校など計十六カ所。○九年度までに市立小学校全十校や運動施設、キャンプ場などへの設置を進める。設置の費用は三年間で約千五百万円を見込んでいる。

 市によると、国は○四年に医療従事者以外にもAEDの使用を認めたが、市内の公共施設にはこれまで設置されていなかった。今回、全市的に設置を進めることで、緊急時の体制を整える。

 貸し出しは市消防署が窓口となり、市内で行われるスポーツ大会など各種イベント時に無料で貸し出す。その際、市消防署が実施するAEDの使い方を学ぶ講習会への参加を、主催者に義務付ける。

 ただ、貸し出して実際に使用された場合、肌に密着するパッドなど消耗品の費用は使用者側に負担してもらう。貸し出しは早ければ五月末から実施する。

 市健康推進課は「AEDの使用環境を整備し、市民に安心を提供したい」と話している。(田島工幸)

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070310&j=0019&k=200703101583

また、ひとつの市で市民の安全が確保されつつあります。
一日も早く、設置が完了して欲しいですね。
市民に貸し出してくれるというのも、素晴らしいことです。
それで市民が講習を受ける機会が増えれば、相乗効果ですね。
このような市町村がどんどん増えて欲しいものです。

心臓しんとう予防パッド

野球少年のハート守る「心臓震とう予防パッド」

3月9日13時38分配信 読売新聞

野球の球などが子供の胸にあたり突然死を引き起こす「心臓震とう」を防ごうと、野球用の胸部保護パッドが開発され、発売を前に製品の最終テストが行われている。

 心臓震とうとは、ある限られたタイミングで心臓に衝撃が加わると不整脈を引き起こし、最悪の場合、死に至る症状。埼玉医科大の輿水(こしみず)健治助教授によると、小学生から高校生まで18件の発症例があり、多くが野球やソフトボールによるものという。

 パッドを実際に装着してプレーした少年野球チーム、昭島ビクトリー(東京都昭島市)の簑原健太君(12)は、「思ったより変な感じはなかった。着けていると安心感がある」と話す。国内外の大手スポーツ用品メーカーなどが4月以降に発売の予定で、価格は5000円前後の見込み。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000503-yom-soci

いよいよ、発売間近です。
子供達が安全に、安心してスポーツが出来るように、是非浸透していって欲しいですね。
思い起こせば、野球のヘルメットやキャッチャーのプロテクターだって最初から使用していたわけではないけれど、今では付けていて当たり前になりました。
早く、このパッドも付けていて当たり前という日が来て欲しいものです。
需要が多くなれば、値段も下がってくれるでしょう。

市議さんもAED特訓

***苫小牧民放 3月1日の記事より***

千歳市議会議員を対象にした普通救命講習会が1日、議会棟大会議室で開かれた。議員10人が参加。人工呼吸や心臓マッサージの心肺蘇生(そせい)法をはじめ、自動体外式除細動器(AED)の使い方を学んだ。
 市は市民の突然死予防のため、2006年度から3カ年計画で各公共施設などにAEDを導入。初年度は市庁舎やスポーツセンター、文化センター、各中学校など16施設に設置している。
 市民の代表である議員もAEDの取り扱いを覚え、救命方法を身に付けようと、初めて講習会を企画した。市消防署救急隊員が講師となり、突然死の原因や心室細動を起こす原因、予防方法などについて解説した。
 この後、実際に人形を使った心肺蘇生法やAEDの体験講習が行われ、参加した議員は救急隊員の指導を受けながら、真剣な表情で心臓マッサージやAEDの操作などに取り組んでいた。

 市民の意見を反映させる役割の市議の方々がAEDの必要性を実感してくれることは、今後の普及に欠かせない事でしょう。
「救えるいのちを守るために」、みんなが自分にもできることを考えて欲しいと思います。

いざというときに知っておきたい心肺蘇生法

◆心臓が停止したら救命処置は急を要する
 外傷や疾病などの要因で呼吸や心臓が停止した場合、呼吸停止で約10分、心臓停止で約3分で人は助からなくなるといいます。119番通報してから救急車が来るまでに全国平均で約6分かかることを考えると、呼吸や心臓が停止してしまった人を助けるためには、そばに居合わせた人が即座に救命処置をとることが必要です。



◆胸骨圧迫(心臓マッサージ)の回数が増加
 2005年1月、国際蘇生連絡協議会(ILCOR)の「心肺蘇生に関わる科学的合意と治療勧告(CoSTR)」により新しい心肺蘇生法の基準が示されました。これに基づいて、2006年6月、財団法人日本救急医療財団により「わが国の新しい救急蘇生ガイドライン(骨子)(BLS)」が策定されました。

 新しい心肺蘇生法では、効果的な救急蘇生を行うため、胸骨圧迫(心臓マッサージ)をできる限り連続して行うように留意されています。例えば胸骨圧迫と人工呼吸の回数の比率は、従来の15対2から30対2に変更となりました。AED(自動体外式除細動器)による電気ショックの連続回数も3回から1回に変更、その代わり電気ショック後は直ちに胸骨圧迫を行うこととなりました。

◆胸骨圧迫30回・人工呼吸2回のサイクルを連続
 目の前に急病人が現れた場合、そばに居合わせた人は落ち着いてまず病人の反応の確認からはじめましょう。


http://www.gov-online.go.jp/pickup/2007_03/pickup_c.html

 こちらのURLに詳しい手順が紹介されています。
いざという時に慌てないように、是非繰り返し読んでみてください。

東京マラソンでも活躍!広がるAED設置の動き

***熊本朝日放送のニュースより***

東京マラソンでも威力を発揮しました。突然心臓が止まった人に、電気ショックを行う救命機器、AEDが新たに県内32カ所に設置されることになりました。
AEDは、2004年7月から一般の人も使用できるようになったもので、県内でも、設置がすすめられています。今回は、県グラウンドゴルフ協会から、寄付された分を含めて、日本赤十字社熊本県支部が県内32の市町村や、県地域振興局に設置することになり、2月28日代表者に手渡されました。日赤熊本県支部では、これから3年間でAEDをおよそ80台配備することにしています。AEDは、心配蘇生法とあわせて使用するようになっていて、県内では、おととし熊本市のプールで、心停止状態になった女性が一命をとりとめた例などが報告されています

熊本でも普及が進んできました。
もっと全国に広がって欲しいです。


***東京マラソンでのAED隊の活躍***

「人が倒れている」という第一報は沿道の小学生からもたらされた。ゴール(江東区の東京ビッグサイト)直前の41.5キロ付近。直後に救急救命士を目指す自動体外式除細動器(AED)を持った国士舘大の学生ボランティアらが駆けつけた。午後2時52分。その2分後には「モバイルAED隊」と呼ばれる自転車を駆使した“救急ボランティア”も到着した。

 AEDとは心臓に電気ショックを与えて正常に戻す機械。倒れたランナーは心臓マッサージやAEDによる迅速な処置で救われた。現場にいち早く駆けつけたことが大きかったという。AEDの効果は、倒れてから3分以内が大きな目安となるからだ。

 救急医学が専門の国士舘大大学院の田中秀治教授は「3分以内に除細動を行わないと、AEDの効果はなくなっていく。異常をきたした患者が出たとき、最初の3分をどうするか、いかに早く駆けつけるかが重要」と指摘。現場に素早く到着できるよう考案されたのがAEDを携帯した救急救命士の自転車隊「モバイルAED隊」であった。






 約3万人のランナーが参加した今大会は救急救命の講習を受けた国士舘大の学生にAEDを管理させて5キロ以降のコース沿いに1キロおきに配置。3人の医師の指導の下、約2.5キロごとをカバーするAED隊と組み合わせることで救護所間の“空白”を埋めた。さらにこの組み合わせを臨機応変に活用したことも大きかった。態勢は綿密だった。

 国士舘大ボランティアらのまとめ役を担った同大大学院2年で救急救命士の前住智也さん(24)は「ランナーが通過して役目を終えた学生やAED隊を、順番にゴール付近へと振り向けた。41.5キロ地点には学生を配置していなかったが、うまくいきました。現場で対応したAED隊ももともとは品川付近に配置していたメンバーだった」と説明した。前住さんはこれまで市民大会などで救命にあたっており、経験が臨機応変の対応を引き出したといえる。

http://www.sankei.co.jp/sports/sports/070227/spt070227000.htm
プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。