FC2ブログ

野球事故防止

選手に胸部保護パッド着用検討 高野連
  
野球のボールが胸に当たり、「心臓しんとう」で死亡するなどの事故が起きていることから、日本高野連は、選手に胸部保護パッド(仮称)を着用させる検討を始めた。
 高野連から製品開発の要請を受けた「製品安全協会」が25日、東京都内でメーカーを対象に説明会を実施。同協会は年内に認定基準を作り、メーカーは年明けからの製品化を目指す。
 心臓しんとうは、胸に強い衝撃を受けて不整脈が起こり、心臓の筋肉がけいれんする状態のことで、最悪の場合は心臓停止に至る。日本高野連によると、心臓しんとうによる死亡事故は74年以降6件。昨年6月にも長野県内の高校生が打球を胸に受けて一時心肺が停止する事故が起きた。
 自動体外式除細動器(AED)による救命処置が有効とされているが、球場、学校などへの設置率はまだ低い。田名部和裕参事は「多少動きが悪くなることも承知だが、思い切ったプレーのためにも防具は必要」と話した。
毎日新聞より~http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060726&a=20060726-00000010-maip-spo

 昨年の夏の甲子園から2台のAEDがベンチ裏から選手達を見守っています。
高野連も心臓しんとうの事例を考慮し選手の安全に配慮してくれています。
今年の夏も2台のAEDが使われずに済むよう祈っています。
スポンサーサイト



声を聞いてください

かるちゃんを助ける会
福岡市早良区在住の江田果瑠奈(こうだ かるな)さんは、今16歳です。
生後当初から修正大血管転位という先天性心疾患で入退院を繰り返しながら今日まで頑張ってこられました。2004年6月臓器移植ネットワークに登録し、現在九州大学病院に通院しながら自宅待機中です。
2004年両心室ペーシング術を受け一時的に病状は回復したものの心臓全体の負担が激しく、在宅酸素療法を行いながら過ごしてきました。しかしあらゆる治療を施しても改善は見られず、重い心不全が続き心臓が疲れきってしまい、早急な心臓移植手術が必要であると医師から告げられました。
母親である江田博子(こうだ ひろこ)さんは「移植を待つ家族の会」代表として日本の移植医療が進まない社会に対して臓器移植法の改正を願い活動を続けてこられました。
やっと願いが叶い、この3月末に改正案は提出されたものの審議されずに先延ばしの状態が続いています。
「日本で元気になりたい!」と訴えてきましたが"病状は法改正を待ってくれません!"
とうとう果瑠奈さんの命を守らなければならない状況になってしまい、命を助けるには海外へ渡航し心臓移植を受けるしか方法がありません。ご家族皆さんで話しあわれた結果、海外の道を選択されました。ドイツの「バード・ユーンハウゼン心臓病センター」で受け入れて下さることが決まりました。
しかし海外での移植手術は保険が適用できないため、渡航費・手術費・滞在治療費等5,000万円という一家族ではとても捻出できない膨大な費用がかかります。
そこで私たちは果瑠奈さんの両親の友人として、果瑠奈さんの愛称名にちなんで『かるちゃんを助ける会』を結成し募金活動を始めることにしました。
「笑顔を絶やさず毎日過ごしたい!」が家族の願いです。かるちゃんを助けるために皆様の温かいご理解とご支援をお願い申し上げます。

                        平成18年5月27日

募金のお振込み先     口座番号      口座名義
郵便局          17420-76246571   かるちゃんを
三菱東京UFJ銀行 福岡支店 普通 2215014     助ける会
福岡銀行 有田支店    普通 461229
西日本シティ銀行 原支店 普通 1879190

【募金ダイヤル】0990-5-36000
(2分間のメッセージを聞いていただくことで、1回315円が課金されます。なお、携帯電話・PHS・IP電話・公衆電話からはおかけになれません。)

AEDの普及を目指す仲間から受け取ったバトンです。
救える命は守りたい。それは私達の願いです。
明日につながる命です。
どうか皆様のご協力をお願いします。

尚、下記のURLで、かるなちゃんのブログも読んでください。
http://www.karuchan.com/

AEDセミナー札幌

 ひとりでも多くの方にAEDを知っていただき、理解していただくために『AEDセミナー札幌』を下記の要領にて開催させていただきます。
当日は、一般市民の方でAEDを使用して救命に成功された方の貴重な体験談もお話いただけます。是非ご参加ください。

             記
開催日  2006.7.28(金)
開催時間 18:30~21:00
開催場所 札幌市生涯学習センター ちえりあホール
     札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10 地下鉄宮の沢駅直結
講演内容 
 1.「PAD(市民による除細動)と小児も含めたAED(除細動     器)の必要性」
    講師:札幌医科大学救急集中治療部 浅井 康文 教授
 2.「テニス大会競技中のAED使用事例」
    菅野 陽一郎さん(札幌スポーツ振興事業団)
    森  誠一 さん(倶知安町在住)
 3.「AEDの安全な使用方法と心配蘇生法(実演)」
    講師:札幌市中央消防署警防課救急二担当
    宮崎 孝之 係長
 4.質疑応答

*会場入り口ホールにてAED使用方法などのご質問にお答えします。 
主催:AEDセミナー札幌
共催:いのちを守る会「絆」 NPOノースエイド
後援:札幌医師会・北海道テレビ放送・北海道放送・北海道新聞社
   読売新聞社北海道支社・朝日新聞社北海道支社・
   毎日新聞北海道支社
*セミナー参加希望の方へ
・事前予約はありませんので、当日直接会場にお越しください。
・入場無料、先着順となりますので、定員を超えた場合には入場をお断 りする場合がございます。ご了承ください。
・参加者には、人口呼吸時に使用することが可能なフェイスシールド
 (キーホルダ型)を差し上げます。
詳しくは、いのちを守る会「絆」のHPをご覧下さい。 
プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク