FC2ブログ

心臓しんとうに注意しましょう

HIGEさんの「スポーツ救命救急」からのお知らせです。
http://homepage3.nifty.com/Basketball-tutor/sports_life_saving/sports_life_saving_index.html


御存知かとは思いますが、今年の春から「心臓震盪」と思われる子供達の心肺停止事例が3件発生し、いずれの事例もメディアで大きく取り上げられました。

うち2件は、偶然現場近くに居合わせた救急救命士や看護師さんの迅速なBLSによって救命されましたが、大阪府のPL学園野球部練習中の事故では、残念ながら救命することができず、15歳の少年の命が
失われてしまいました・・・。
こうした中、去る10月11日付けの「産経新聞」紙面では、輿水先生のお話を元に、心臓震盪への注意を喚起する特集も組まれました。

そんなことから、「HIGEさんのスポーツ救命救急」HP
でも、この3件の事例を紹介し、改めて心臓震盪への
注意を呼びかける特集記事をUP致しました。

「HIGEさんのスポーツ救命救急」2007BLS&AED普及推進運動④
再特集「心臓震盪」に注意しましょう!

http://homepage3.nifty.com/Basketball-tutor/sports_life_saving/AED/2007BLS&AED-4.htm

 当会がお世話になっているHIGEさんからのお知らせです。
4月の大阪でのAEDを使用した救命に続き、PL学園の事故。
どちらも「心臓しんとう」と思われます。
このような事例がニュースになる事は、以前から比べれば一歩前進で、
それだけAEDや救命に対する意識が向上したのかも知れませんが、
まだまだ認知度は低いと思います。

 「救える命」を守るために、みんなで伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト



心肺蘇生術:死球の男児助かる 

死球の男児助かる 救命士らの連携で 長崎

17日午前11時半ごろ、長崎県諫早市森山町の森山グラウンドであった少年ソフトボール大会高学年の部で、打席に立った市内の小学6年の男子児童(11)が胸に死球を受け、一塁に向かおうと約10メートル走ったところで突然倒れた。心肺停止状態になったが、隣のグラウンドに偶然いた小浜消防署(同県雲仙市)の男性救急救命士(35)と女性看護師2人が応急の心肺蘇生術を施し、回復に向かっている。

 救急救命士は低学年の部の試合に出場していた児童の保護者。隣のグラウンドで男児が倒れているのを知って駆けつけ、人工呼吸と心臓マッサージをした。近くには別の児童の保護者である看護師2人もおり、3人が交代で9分間マッサージをした。
 救急車が到着し、AED(自動体外式除細動器)を使い、心肺は蘇生した。男児はドクターヘリで同県大村市の長崎医療センターに搬送された。

 県央消防本部(諫早市)によると、心臓マッサージなどがなければ、蘇生は難しく「適切な蘇生措置ができたので、AEDで心肺が回復できた好例」としている。

 この救急救命士は「1人でのマッサージは2分が限度で、看護師さんの応援がありがたかった。何より男児の命を救えたのがうれしい」と話している。【柳瀬成一郎】

毎日新聞 2007年9月17日 
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070918k0000m040097000c.html

また、心臓しんとうと思われる事故がありました。
今回は近くにAEDはありませんでしたが、近くにいた方々の的確な心肺蘇生法で命をつなぐことができました。
救急車の到着まで平均6分といわれていますが、この場合もそれ以上の時間がかかっています。
一分間に約10%ずつ落ちていく救命率を何とかつないでいくのは、やはり回りにいる人の力です。
助けようとする勇気と、その勇気を支える社会の育成が重要です。

 同じような事故でつながった命とつながらなかった命。
どちらも同じ尊い命なのに・・・。
「偶然」や「ラッキーだった」で済ませてはいけない。
「足りなかったもの」を大人は真剣に考えなければならない。

ミズノ、胸部保護パッド」を発売

野球をもっと楽しく安全に
「野球・ソフトボール用胸部保護パッド」発売


 ミズノでは、野球及びソフトボールのボールが胸部に当たり心臓震とう(※1)に至る危険性を低減するための「野球・ソフトボール用胸部保護パッド」を開発しました。5月10日より、全国のミズノ野球品取扱店で発売します。
 近年、野球やソフトボールのプレー時やキャッチボール時にボールが胸に当たり発症した心臓震とうの症例が複数報告されています。
 今回発売の「野球・ソフトボール用胸部保護パッド」は、この心臓震とうに至る危険性を低減し、安心してプレーが出来るように開発したものです。右投げ、左投げ兼用で、衝撃吸収性に優れた素材を採用しています。
 こうした胸部保護パッドは、これまでに国内では販売されていませんでした。

※1:限られたあるタイミングで心臓に衝撃が加わることにより、不整脈が生じることが原因とされる心臓突然死で、子供の投げたボールが当たる程度の弱い衝撃でも発症します。胸郭がやわらかく衝撃が心臓に伝わりやすい18歳以下の子供に多く発症しています。

「野球・ソフトボール用胸部保護パッド」(※身長155cm未満用、右投げ選手装着例)
 ※ 関連資料参照


【 「野球・ソフトボール用胸部保護パッド」特長 】
 「野球・ソフトボール用胸部保護パッド」に求められる最も重要な機能が衝撃吸収性です。財団法人製品安全協会が定める基準を満たす衝撃吸収性を有しながら、動作の妨げにならないよう軽量・薄肉化を実現するために、内部は4層構造になっています。ボールの衝撃を一番に受ける最外層には衝撃吸収力に優れた低反発ウレタン素材を採用しています。
 また、野球のあらゆる動作を妨げないような形状を追及し、装着方法も片方の肩と胴体にベルトで固定する方法(※2)を採用しています。体に接触する内表面には蒸れによる不快感を軽減するために、通気性に優れた素材を採用しています。

※2 左投げ選手装着例
 ※ 関連資料参照


 記

商品名:野球・ソフトボール用胸部保護パッド
     (硬式野球・軟式野球・ソフトボール兼用、右投げ・左投げ兼用)

    サイズ※( )内は質量                  価格
身長155cm未満用(約110g)         ¥4,515(本体¥4,300)
身長155cm以上175cm未満用(約140g)  ¥4,725(本体¥4,500)
身長175cm以上用(約170g)         ¥4,935(本体¥4,700)

※記載価格は消費税込みの金額です。( )内は消費税抜き本体価格です。

カラー:ブラック
初年度販売目標:50,000個

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=157078&lindID=4

スポーツを楽しむ人が、より安全にスポーツができるように。
「心臓しんとう」に対する理解が、深まって指導者や選手が積極的にこのパットを使って欲しいと思います。

心臓しんとう予防パッド

野球少年のハート守る「心臓震とう予防パッド」

3月9日13時38分配信 読売新聞

野球の球などが子供の胸にあたり突然死を引き起こす「心臓震とう」を防ごうと、野球用の胸部保護パッドが開発され、発売を前に製品の最終テストが行われている。

 心臓震とうとは、ある限られたタイミングで心臓に衝撃が加わると不整脈を引き起こし、最悪の場合、死に至る症状。埼玉医科大の輿水(こしみず)健治助教授によると、小学生から高校生まで18件の発症例があり、多くが野球やソフトボールによるものという。

 パッドを実際に装着してプレーした少年野球チーム、昭島ビクトリー(東京都昭島市)の簑原健太君(12)は、「思ったより変な感じはなかった。着けていると安心感がある」と話す。国内外の大手スポーツ用品メーカーなどが4月以降に発売の予定で、価格は5000円前後の見込み。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000503-yom-soci

いよいよ、発売間近です。
子供達が安全に、安心してスポーツが出来るように、是非浸透していって欲しいですね。
思い起こせば、野球のヘルメットやキャッチャーのプロテクターだって最初から使用していたわけではないけれど、今では付けていて当たり前になりました。
早く、このパッドも付けていて当たり前という日が来て欲しいものです。
需要が多くなれば、値段も下がってくれるでしょう。

「心臓しんとう」用心

'06.12.05. 朝日新聞朝刊より

胸にボール・・・心停止も
「心臓しんとう」から子供達を守ろうという動きが広がっている。
心臓しんとうとは、胸に強い衝撃が加わった時に、心臓が停止してしまうことで、野球やソフトボールなどの現場で起きることがあり、注意が必要だ。胸部を保護するパッドの開発や、「自動体外式除細動器(AED)」の普及など、対策が進んでいる。(志方浩文)


早い処置肝心

05年6月、東海地区の高校で硬式野球の練習試合中に、心臓しんとうによる事故が起きた。
三塁手の胸にライナーがあたった。この三塁手はボールを捕って一塁へ投げた後、倒れた。
 すぐに救急車を呼び、17分後には救急救命士が治療にあたった。
一命は取り留めたが、重度の後遺症が残った。
この高校にはAEDがあったが、保健室の中にあり、当日は休日で鍵がかかっていて使えなかった。

埼玉医科大総合医療センター救急科の輿水助教授は、「心停止してしまったら3分以内に処置するのが望ましい。5分を過ぎると意識の回復が難しくなり社会復帰できなくなる可能性もある」と話す。


 以上、記事より抜粋。

 「心臓しんとう」という言葉は、聞きなれない人の方が圧倒的に多いかも知れません。
輿水助教授の調べでは、心臓しんとうの発症例は国内では97年以降で18例あったということです。
このうち、10例が野球とソフトボールですが、サッカーやドッチボールでも起きている他、けんかでひじが胸にあたって起きた場合もあるそうです。
胸に衝撃を受けて倒れた場合は、「心臓しんとう」かもしれないと考え、素早い処置をしなければなりません。
そのためには、「心臓しんとう」に対する知識と予防が大切です。
胸当てのパットも開発され、来春には商品化される見込みだそうです。
スポーツをする子供達が安全に取り組めるよう、一日も早く改善されてほしいと思います。
asahi061205.jpg

プロフィール

「絆」管理人

Author:「絆」管理人

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク